忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[346] [345] [344] [343] [342] [341] [340] [339] [338] [337] [336]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『幻惑の死と使途―ILLUSION ACTS LIKE MAGIC』面白かったです。
もうこのS&Mシリーズは6作目で、ちょっと食傷気味なのだけど・・・ それでも一気読みしてしまうほど、面白いです。

奇数章だけしかなくて、偶数章は次の「夏のレプリカ」となっている、というふうになっているそうです。面白い、どうやって組み合わせるのだろう・・・

今回はマジックをする人たちが活躍します(マジシャンっていうのか)。
みんなそれなりにかっこ良いです。だけどそれより何より、犀川教授らの掛け合いが傑作です。普通に会話しているだけのはずなのに面白い。
しかも、どんどんどんどん面白くなります。1作目の頃より今のほうが面白いです。


最近読んだ本
森博嗣『幻惑の死と使途―ILLUSION ACTS LIKE MAGIC』

今読んでいる本
陳舜臣『英雄ありて』(再読)
松下竜一『潮風の町』
『世界』編集部『保守政治家は憂える―自民党リーダーたちとの対話』
田下敬子『原色の女 もうひとつの『智恵子抄』』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
幻惑の死と使途(森 博嗣)
幻惑の死と使途(森 博嗣)。読み終わりました。愛知県警の刑事さんたちはほとんどアイドル親衛隊と化してますが、大丈夫なんでしょうか(笑)。今回はマジシャンの話。いやもうすっかり騙されました。犯人の正体が明らかになっても、頭の中はハテナでいっぱい。まいりました。 ----- 以下、ネタバレありです。 今回の犯人はまるでノーマークでした。遺体消失のトリックだけなら、関わっている可能性が高いですけど、他には無関係だと思っていたので除外してしまってました。言われてみれば確かに納得ですが、そんなこと思いもつきま...
URL 2008/12/27(Sat)20:42:38
幻惑の死と使途*森博嗣
☆☆☆・・  「諸君が、一度でも私の名を叫べば、  どんな密室からも抜け出してみせよう」  ――自信に満ちたせりふと共にあらゆる状...
URL 2008/12/28(Sun)08:28:14
幻惑の死と使途
幻惑の死と使途―ILLUSION ACTS LIKE MAGIC 森 博嗣 「諸君が、一度でも私の名を呼べば、どんな密室からでも抜け出してみせよう」 いかなる状況からも奇跡の脱出を果たす天才奇術師・有里匠幻が 衆人環視のショーの最中に殺された。 しかも遺体は、霊柩車から消失。これは匠幻最後の脱出か? 幾重にも重なる謎に秘められた真実を犀川・西之園の理系師弟が解明する。 ネタバレにはご注意ください。 先ずは『幻惑の死と使途』を読みましょう!!!(ぇ) 最後の解説...
URL 2008/12/28(Sun)20:48:11
幻惑の死と使途 森博嗣 (本)
3.2点 だんだん読むのが遅くなってきた。 幻惑の死と使途―ILLUSION ACTS LIKE MAGIC あらすじ: 天才奇術師有里匠幻が脱出マジックの際に胸を短剣で...
URL 2008/12/30(Tue)20:40:59
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]