忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★

著者:  幸田露伴
出版社: 小学館

  戦国時代、利休七哲の1人として数えられ、家臣を大切にし、名将にして知られた蒲生氏郷。始めは織田信長に仕え、娘までもらい、寵臣として存分に活躍します。織田家の一門の者として迎えられたそうです。そして幾多の勝ち戦に参加し、武功を挙げました。本能寺の変が起きたときは忠義を貫き、明智光秀に対抗して織田信長の妻子を守りました。

  その後は明智光秀を討った豊臣秀吉に従います。そして陸奥会津にいき、東北の要としてその平和を守りました。伊達政宗とはたびたび対立したといわれます。大崎・葛西一揆が起きたときにはそれを鎮圧し、伊達政宗が裏で糸をひいていた、という告発もしています。彼がいたからこそ東北は治まった、とすら言えます。文人としても武人としても優秀だった人でした。

  そんな彼の生涯を幸田露伴が書いたのがこの「蒲生氏郷」です。おもに東北に行った後の、伊達政宗との駆け引きや、大崎・葛西一揆鎮圧のことです。これを読んでいると、蒲生氏郷という人はあまり知られていないけれど、案外大物だったみたいだなぁ、という気がします。織田信長にみこまれていただけある。決して、いのしし武者ではなくて、茶を嗜む風流の人でもあるそうです。

  戦国時代にはこんな人もいたのか。面白いなぁ、と思いました。


自森人読書 蒲生氏郷
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]