忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[498] [497] [495] [496] [494] [493] [492] [491] [490] [489] [488]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

宮部みゆきの『サボテンの花』は心温まるお話。ミステリ。

米澤穂信は、『氷菓』がなかなか良かったです。日常の中に潜むミステリを楽しむような作品。でも、米澤穂信の作品の中では、『さよなら妖精』が1番の傑作のような気がしました。

岡嶋二人『クラインの壺』は面白かった・・・ 凄いなぁ、こんな小説が世の中にあったとは。もっと早く読んでいればよかった。

『人形つかい』と、『検屍官』 はなかなか。でも好きじゃない。『検屍官』はフェアとは思えない・・・

松本清張の短編は面白い。中でも『尊厳』が良いかなぁ。

ミステリ小説、『有限と微小のパン―THE PERFECT OUTSIDER』を読み終わったときは、感慨深かったです。シリーズ10作これでやっと読みおわった・・・
シリーズの後半5作の中では『夏のレプリカ―REPLACEABLE SUMMER』が1番かなぁ。

大江健三郎の短編も面白い。『死者の奢り』『飼育』『人間の羊』とそこらへんは凄い。

島田荘司『占星術殺人事件』は凄い! こんな犯罪を考え付くなんて。ミステリの傑作。薬丸岳の『天使のナイフ』は普通よりは上、だろうか。そこまで凄くきない、というか、ご都合主義っぽい。

『ぼくがハリーズ・バーガー・ショップをやめたいきさつ』『血をわけた子供』などの海外のSFはさすが、と思わされます。

アガサ・クリスティ『カーテン』は、凄い。ポアロ最後の事件。最後の最後まで、どきっとさせられます。

高村薫の短編州も良い。『愁訴の花』とか。宮部みゆきと並ぶほど。長編の『レディ・ジョーカー』は傑作。

カート・ヴォネガット『タイタンの妖女』は笑ってしまいます。村上春樹も影響を受けた、という作家。

竹山道雄『ビルマの竪琴』は名作として知られる作品。なかなかだと重いました。

初野晴『退出ゲーム』は、すっきり爽やか。ちょっと・・・

『坊っちゃん』『夢十夜』は面白い。夏目漱石の中短編はけっこうどれも読みやすくて面白い。

『グラスホッパー』も面白い。伊坂幸太郎はどれを読んでも面白い、感じです。

『インディゴの夜』は軽くて、
『2005年のロケットボーイズ』は爽やか。

不気味な味
湊かなえ『告白』

面白い、とよく言われるけど、駄作だろう。京極夏彦『姑獲鳥の夏』、小川糸『食堂かたつむり』は。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]