忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1812] [1811] [1810] [1809] [1808] [1807] [1806] [1805] [1804] [1803] [1802]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★★

作者:  大沢在昌
出版社: 双葉社

  新宿署の鮫島警部は「新宿鮫」と呼ばれ、恐れられています。警察機構に楯突き、ヤクザとはつるまず、ただ1人で犯罪者を追跡するからです。鮫島は銃密造の天才・木津を追っているうちに、歌舞伎町で発生した警察官連続射殺事件との関連を見出します。彼は単独で木津を追い詰めていきます。しかし信頼した人に裏切られ、絶体絶命に危機に陥り・・・

  ハードボイルド小説・警察小説の傑作。

  展開はハードボイルドの典型みたいなものだし、「いくらなんでも出来すぎ」と言ってしまっても過言ではないし、日本語としてしっくりこない表記が時折でてきて気になります。ですが、主人公・鮫島が途轍もなくかっこいいので、欠点は全部チャラにしても良いのではないか、と感じてしまいます。

  キャリアとノンキャリアの対立や、キャリア同士の熾烈な争いについてもきちりと書かれています。ですが、そこは主眼ではありません。『新宿鮫』は鮫島という男の熾烈な闘いを描いた物語です。

  鮫島は正義を貫徹するためならば、全ての人間を敵に回します。もともとキャリア組だったのに、人命を犠牲にすることを厭わない捜査に反対して部下の警察官に襲われ、その上警察内部の勢力争いに巻き込まれ、新宿署に左遷されました。それでもやはり正義のために奮闘します。本当にかっこいいです。

  鮫島と愛し合うロックシンガー・晶もかっこいいです。あとは、家族を交通事故で失ってから気力を失ったマンジュウ・桃島の意外な活躍もみどころ。

  やさぐれた『踊る大捜査線』みたいなものかなぁ、と読みつつ思ったりもしました。


自森人読書 新宿鮫
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]