忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[712] [711] [710] [709] [708] [707] [706] [705] [704] [703] [702]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★

著者:  畠中恵
出版社: 新潮社

  体がめっぽう弱くてよく寝込む大店の若だんな・一太郎。彼には、佐助と仁吉という2人の付き人がいました。しかし、実は一太郎は妖の見えるという特別な力がある人で、佐助は犬神、仁吉は白沢という妖(あやかし)。若だんなの周囲には妖怪があふれていました・・・

  若だんな・一太郎は、夜出歩いていたために奇怪な猟奇殺人事件に巻き込まれてしまいます。一太郎の周りに次から次へと血が流れる・・・ 一太郎は責任を感じて、妖怪たちとともに事件を解決することにします。江戸を舞台にした謎解きファンタジー。

  日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞した作品。けっこう面白かったです。ただ、そんな絶賛するほどかなぁ・・・ あんまり凝ったところはなくて、拍子抜けしました。う~んこの畠中恵という人の作品も、あさのあつこと同じ系統なのかなぁ・・・(違うかなぁ、分からないです)

  かなり読みやすいところが良いのかもなぁ。それぞれの登場人物が色付けされていて、すごく解りやすいです。若だんなが寝込むのがちょっとじれったいけど、はなしのテンポはとても早いです。何か考えたりせずともずんずん読み進むことができてしまいます。

  つまらないことはないけど、期待はずれだったなぁ、と僕は感じました。

  続きが面白い、と言う話を聞いたので、読んでみようかなぁ。


自森人読書 しゃばけ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
vol.1「しゃばけ」畠中 恵
風に吹かれただけで熱を出すほど病弱な「若だんな」こと薬種問屋・長崎屋の一人息子一太郎。甘やかされた坊ちゃんかと思えば、これが心の優しい利発な男の子。体が弱い余りに両親も手代達も過保護に扱うけど、それに甘えず自分も役に立ちたいと頑張って奮闘する姿が健気です!… ...
URL 2009/07/13(Mon)23:20:57
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]