忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[909] [908] [907] [906] [905] [904] [903] [902] [901] [900] [899]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★

著者:  村上春樹
出版社: 講談社

  <僕>と友人の<鼠>と、そして<小指のない女の子>の物語。

  主人公の男は、いろんな女に手を出しておきながら結局何もせず、傷つきもせず、ただ通り過ぎていきます。結局、気障なことばらばら言っているだけ。そのお友達、鼠は、金持ちなくせに金持ちなんて嫌いだ、とかそういう偽善的なことを言いまくって、何もかも煙に巻く。

  全体が、ガラクタで覆われているような小説です。意味のないところを飾り立てて、意味があるみたいにみせかける、というよりは・・・ 何もないからこそ、そこに「何か」の意味があるみたいなもったいぶった感じが面倒臭いです。

  これは「喪失感」を表現した小説だ、とか書評家とか読者たちは得意げに解説するけど・・・ 何も書いていないのに、そこにみんながよってたかって意味をくっつけようしているだけじゃないか。なんというか、「ガラクタの山」を見て、みんなが「これってこういうものでしょう」とか色んなふうに想像を働かしているような感じ、というか。まぁそれが本来の「文学」なんだろうけど。

  もしかしたら、よく分からない「僕」(自分を当てはめることも可能な「空白」)が、なぜかモテて、いつの間にか女の子とセックスしている、というところが受けているのかなぁ、という気もします。高尚っぽく見えるし、格好つけてもいるけど、要するにポルノとして読まれているのでないか、ということなんだけど(とか書いたら、顰蹙を買いそうだけど)。

  別に嫌いではないし、むしろ面白いとは思うけど、『風の歌を聴け』を神聖視する人を見ると理解できないなぁと感じてしまいます。

  文章は、凄くサクッとしています。50000ページあってもあっさり読めてしまいそうなほど読みやすい文章です。村上春樹の初長編小説。群像新人文学賞受賞。芥川賞候補作。


自森人読書 風の歌を聴け
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]