忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1509] [1508] [1507] [1506] [1505] [1504] [1503] [1502] [1501] [1500] [1499]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★

著者:  筑波常治
絵:  坂本玄
出版社: 国土社

  「堂々日本人物史―戦国・幕末編」シリーズのなかの1冊。子ども向けのものです。僕は、偶然地元の図書館にあったこのシリーズを通して日本の戦国・江戸時代の詳しい流れを知るようになりました。なので、このシリーズには愛着があります。

  足利義昭は、周辺の三好氏などに篭絡されて室町幕府(足利家)が失ってしまった権威と権力を取り戻すため画策した足利家の人です。落ちぶれていろんなところを放浪しますが、当時勃興してきていた強大な織田信長を頼ります。そして、彼に保護され、彼と組んで京都に入り、室町幕府最後の将軍となりました。ですが、今度は織田信長と対立し、彼を追い落とそうとして画策。失敗して追放され、そうしてとうとう室町幕府は滅亡してしまいます・・・

  物語は、足利義昭が僧侶となった晩年の場面から始まります。そこが印象的でした。

  旧体制を立て直そうとしながら失敗し、結局織田信長の天下取りを大きく助けることになってしまった一生涯。悲惨だし、本当に大変だったろうなぁ、と思います。まぁ足利義昭自身、相当な謀略家だったようなので、可愛そうとは思わないけど(自業自得ともいえる)。

  もしも彼のような立場におかれたら、誰だって彼のように権威と権力を追い求めてしまうのではないか、と僕は思いました。文化人となって茶道などの世界に没頭する、という逃げ道もあるにはあるけど、周りからせっつかれてそれはそれで過酷な道だったのではないか。


自森人読書 足利義昭
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]