忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1514] [1513] [1512] [1511] [1510] [1509] [1508] [1507] [1506] [1505] [1504]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★★

作者:  恩田陸
出版社: 新潮社

  2002年2月11日午後2時過ぎ。都内郊外の大型商業施設Mで重大な事故が発生し、150名以上の死傷者が出ます。ですが、それなのにその原因が何であったのかまったく特定できません。そして聴き取り調査が始まるのですが・・・

  質問形式、つまりQ&A形式で物語が進行していきます。

  いったいどうして事故は起きたのか。最初はその謎を追求していたはずなのに、いつの間にか物語は別の方向へとずれていきます。けど、それは「脱線」ではないようです。事故とその周辺のことが延々と書かれていきます。見えないものの怖さを感じました(事故の原因は「偶然」という見えないものみたいだし)。そういう意味ではホラーなのかも知れない。

  全体的に気味悪いです。『理由』と同じような趣向かと思いきや、『理由』以上にずれていくし、よく分からない部分がたくさん残ります。いったいぜんたい誰が訊いている側で、誰が訊かれている側なのかすら分からない場合もあります。

  宗教絡みのはなしも出てきます。というか、むしろ最後の辺りは宗教に関するはなしになっていきます。その辺りのことをもう少し読みたいと感じました。

  『Q&A』の孕んでいる不可解さには困惑させられます。不明瞭な部分が多くて釈然としないのです。しかし、だからこそ、どこか現実の出来事のように思えてきます。

  非常に不気味な作品。


自森人読書 Q&A
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]