忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1511] [1510] [1509] [1508] [1507] [1506] [1505] [1504] [1503] [1502] [1501]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★

作者:  恩田陸
出版社: 講談社

  物語の舞台は縦横に水路が入り乱れ、3本の塔がたつM町。その町に、失踪したと思われていた男、市川吾郎が現れ、少しの間生活した後、町の水無月橋にて殺されます。いったいどうして彼は殺されてしまったのか。謎が謎を呼び、何もかもが判明しません。その内、作品の舞台となっている町自体が、謎を孕んでいることが発覚し・・・

  中盤まではぐいぐい惹きつけられました。ですが、恩田陸作品らしく、そのままクライマックスに突入! とはなりません・・・

  じょじょに、殺人事件の解決が物語の主題ではなくなっていきます。しかも物語の語り手が、どこまで信用できるか不明なので混乱します。もうフェアとか、アンフェアとかそういう次元を超越しています。一般のミステリー小説の範疇からはずれた作品。

  とくに、一番最後の章(落ち)には愕然としました。なかったほうが良かったかも知れない、とさえ思いました。殺人の謎を未解決のままにしておいたら、読者は怒るだろうけど、「これはミステリではない、不条理小説だ」というふうに納得してくれたのでは・・・? いや、それでは消化不良か。

  けど、この『きのうの世界』のラストだって全くすっきりしません。

  読後空虚な気分に陥ります(それが恩田陸作品を読む楽しみでもあるのだけど)。最後で拍子抜けする、いかにも恩田陸らしいミステリ。


自森人読書 きのうの世界
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]