忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1254] [1253] [1252] [1251] [1250] [1249] [1248] [1247] [1246] [1245] [1244]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『ニュートリノの夢』
『ニュートリノの夢』は、物理学者・小柴昌俊が自身の研究について綴った本。彼は、世界で初めてニュートリノを観測し、2002年にはノーベル物理学賞を受賞しました。今では、科学のためにお金を使ってくれるよう、その知名度を活かしつつ矢面に立って方々で訴えているそうです。

難しい物理の研究について書かれているのかと思いきや、それだけではなく、著者の人生のことも綴られています。それが、とても面白かったです。

東京大学をほとんどビリで卒業した、とか、師・朝永振一郎と二人で砂浜へ行き、「くだらない話をしてはゲタゲタ笑い、花火を打ち上げてはウイスキーをまわし飲み」していた、とか。しかも、そのとき何を話していたかは部外秘でいえないそうです。何を話していたんだろう・・・

朝永振一郎にお世話になったそうですが、そのほかにも湯川秀樹、円地文子といった人たちとも交流があったそうです。いろんな人とのつながりはとても大切なのだなぁと感じます。

ノーベル物理学賞が最終目標というわけではないみたいです。研究のための環境を整えて後継を育てるため、ノーベル物理学賞を受賞したときに貰ったお金や、自分の財産の多くを財団設立のためにつぎ込んだそうです。凄すぎると感じます。研究のためには、人とお金が欠かせないんだなぁ・・・

岩波ジュニア新書。


読んだ本
小柴昌俊『ニュートリノの夢』

読んでいる最中
レイ・ブラッドベリ『塵よりよみがえり』
フランツ・カフカ『城』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]