忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1516] [1515] [1514] [1513] [1512] [1511] [1510] [1509] [1508] [1507] [1506]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★

著者:  東野圭吾
出版社: 文藝春秋

  連作短編集。『燃える(もえる)』『転写る(うつる)』『壊死る(くさる)』『爆ぜる(はぜる)』『離脱る(ぬける)』収録。

  『燃える』
  夜中人通りの少ない道で騒いでいた若者の頭が突如発火し、若者が死亡しました。どうして火がついたのか。原因は不明。刑事・草薙に依頼され、湯川学がその謎に挑みます。

  『転写る』
  刑事・草薙は、姪の文化祭を見にいき、そこで騒ぎに出会います。不思議なデスマスクを見た女性が、そのマスクは失踪した兄に酷似していると言い出したのです。警察が追求すると、デスマスクの出てきた池から死体が発見されます。そのデスマスクはいったい何なのか?

  『壊死る』
  浴槽で死亡している男が発見されます。死体の胸には奇妙な痣があり、その部分の皮膚が壊死していました。それは何を示しているのか?

  『爆ぜる』
  アパートで撲殺された男が発見されます。一方、1週間前、湘南海岸で突然爆発が起こり、女性が死亡していました。その2つの事件に関連があるのか。

  『離脱る』
  本来ならば見えるはずのない光景が見えたと少年が言います。その言葉はある殺人事件の証言になるものだったので警察は混乱します。その証言は本当なのか・・・

  ドラマ化されています。福山雅治演ずるガリレオ湯川学が格好良かったです。原作よりもドラマの方が面白かったかもしれない。原作は普通の小説なので。


自森人読書 探偵ガリレオ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]