忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1346] [1345] [1344] [1343] [1342] [1341] [1340] [1339] [1338] [1337] [1336]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★★★

著者:  森見登美彦
出版社: 幻冬舎

  『有頂天家族』は、糺の森に暮らす狸の名門・下鴨家の物語。

  狸界を束ねてきた下鴨家当主・総一郎は鍋にされ、突如として世を去ります。涙に暮れていた一家ですが、母は息子達を立派な狸と信じて励まします。ですが、下鴨家の兄弟は頼りない・・・ 長男・矢一郎は真面目ながら土壇場で力を発揮できません。次男・矢二郎は蛙に化け、井戸に引きこもったまま。三男・矢三郎はどうしようもないおっちょこちょい。末弟・矢四郎は化けるのも上手く出来ません。そこへ、つけ込もうと現れる夷川家の狸阿呆兄弟・金閣銀閣。

  さらに、その狸界に人間世界が交わります。人間に恋をしたたために能力を失った天狗・赤玉先生や、天狗さえ思いのままに放り出し、総一郎を食ってしまった美女・弁天が登場。京都を舞台にして、狸、人間、天狗が入り乱れた大乱戦が始まります・・・

  もう面白すぎです。とくに化かし合いが最高に面白いです。

  筆致は飄々として、それでいてやっぱり捻じ曲がっています。最初は登場人物紹介などもあるのでそこまでではないのですが、進むに連れてスピードが増していきます。一体全体どこへ行くんだーと追いかけていくと、どこまでも突っ走っていってもう止まらない。

  ほのぼのとした部分、ぐっとくる部分、バカバカしい部分、ドキッとさせられる部分いろいろあります。とくに、どことなくダメな下鴨兄弟たち同士のつながりが良いです。今回はダメな大学生の恋愛ではなく、家族愛がテーマみたいです。だから、今までの作品が好きになれなかったという人にもおすすめ。

  2008年第5回本屋大賞ノミネート作(3位)。


自森人読書 有頂天家族
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]