忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1348] [1347] [1346] [1345] [1344] [1343] [1342] [1341] [1340] [1339] [1338]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「子どもの本・九条の会」二周年の集い、が5月1日にありました。アーサー・ビナードさんの講演がある、というので聞きに行きました。まずは、ひのき屋がライヴしていました。

それから、アーサー・ビナードさんの講演。「ミイラ憲法の作り方教えます」というタイトルでした。非常に面白かったです。


アメリカの憲法はけっこういいこと書いてある。
だけど、もうミイラ化しているのです。
「議会が、宣戦布告しないと戦争を始めてはいけない」ということになっている。
しかし、守られていない。
実はアメリカが最後に宣戦布告した相手は、ドイツ、日本に対して。

1947年からそうなってしまった。
その頃から、アメリカは、戦争という言葉を使わず、防衛・国防という言葉を使うようになった。
そして、宣戦布告せずに、戦争を始めた。

大小含めて200回以上戦争しているのに、アメリカは決して宣戦布告しない。
戦争を、防衛といいかえることですりぬけている。
つまりアメリカの憲法はミイラ化して、カサカサで、効力をもってないということ。

憲法のミイラ化はアメリカだけのはなしではない。
日本の憲法のミイラ化もすすんでいる。
20年前、ちょうど自分が日本へ初めてきたときのこと。
国外へ自衛隊を派遣しようとしていた小沢さんは憲法に阻まれた。
そして、結局、自衛隊を国外へ送れなかった。
だから、「日本の憲法は生きている」ということを知って、自分は感動したんだけど。

何十年か後、もしも日本が戦争をする国になっているとして、
そのとき決定的なかわり目はどこだったか、と振り返ったならば、
多分、2009年の「海賊対処法」ということになるでしょう。




というようなはなしをしていました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]