忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1396] [1395] [1394] [1393] [1392] [1391] [1390] [1389] [1388] [1387] [1386]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★★★

著者:  萩尾望都
出版社: 小学館


  宇宙大学の入学試験最終科目は、外部との接触を絶たれた宇宙船に乗り込み、10人の乗員全員で協力しながら53日間生き延びる、というものでした。試験開始とともに、宇宙船に乗り込んだ受験生たち。彼らは、衝撃の事態に遭遇します。宇宙船には、10人しかいないはずなのに11人の乗員が乗り込んでいたのです・・・

  SF漫画の傑作。

  いかにもSF作品っぽい設定と雰囲気。それらが最高です。どう表現すればいいのか分からないけど、「本格的」な感じです。SF小説の名作を越えるほどの面白さを持ち、しかも漫画としても良いです。最初読んだときは感動しました。何度読んでも面白いです。

  登場人物が皆魅力的。11人ものキャラクターを描き分けるのは大変だろうに、『11人いる!』は成功しています。

  主人公は、タダとフロルの2人。タダは、テラ系シベリース出身。超能力に近いほどの直観力を持っていてよく動き回るので11人目ではないかと疑われてしまう人。フロルは、辺境出身。女性的な美人なのにべらんめえ調、それで女扱いされると激怒する人です。その他の9人もそれぞれ個性的。僕はとくにヌーが好きです。体中が鱗に覆われている僧の人。

  僕は、『11人いる!』を読み、萩尾望都という漫画家と出会い、全作品読まなくては、と思いました。とにかく面白いです。

  第21回小学館漫画賞受賞作。


自森人読書 11人いる!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]