忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

S&Mシリーズ4作目、『詩的私的ジャック』を読みました。やっぱり面白かったです。よくこれだけのアイディアが考え付くなぁ、と感心してしまいます。どこまでも密室が続く・・・ あと、犯人の殺人の理由というのにも驚きました。共感はできないけど、なんとなく納得できるような気がする、という感じです。

歌の通りに人が死ぬ、というのは昔からあるパターンの1つだと思います。アガサ・クリスティ(だっけ)などいろんな人が、マザーグースと殺人をからめた小説を書いています。そのパターンの延長として、この『詩的私的ジャック』がある、と思うんだけど。面白いです。

あと、解説の、「S&Mシリーズ」の分析が面白かったです。フェミニズムとからめて考える、なんてこともできるのか・・・ それにしても10巻目にはなかなか到達しないなぁ。だんだんだれてきます・・ 早く読みきりたい。

そういえば、「ニューヨークの世界貿易センターに勤務している友人」という記述があってどきっとしました。犀川助教授の友達が勤めていた、というのでどうなったか心配です(フィクションの人物を心配するというのも変な話だけど)。9.11テロで崩壊した世界貿易センター。あんな形でぶち壊されるとは、誰にも想像できなかっただろうなぁ。

昨日読んだ本
森博嗣『詩的私的ジャック』

今読んでいる本
藤野千夜『少女怪談』(再読)
金谷治『孟子』
坪内稔典『季語集』
杉山登志郎『発達障害の子どもたち』
プラトン『ソクラテスの弁明・クリトン』
マーク・カーランスキー文・S.D.シンドラー絵『世界を動かした塩の物語』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
詩的私的ジャック(森 博嗣)
詩的私的ジャック(森 博嗣)。読み終わりました。これは…何といえばいいのかわからないけど、悲しいというかやりきれないというかもやもやするというか。萌絵の言葉を借りれば消化不良ですかね。犯人の心理なんて全然理解できないけれど、そういうこともあるのかもしれないと思う自分もいて。 萌絵と犀川は離れているときが多くて、ここらへんもやきもき。萌絵が弱っていたり悩んでいたりするのを見るのがつらくて。でも、これは萌絵が大人になるためのステップなんだな、うん。犀川も少しずつ認めてきてますし。かなり手強いけど、もう少しだ。いや、まだまだか(笑)。最後の萌絵のお願いのあたりは大好きです。夢と希望の違いも良かった。 今回は国枝さんのオトコマエっぷりにしびれました(笑)。 ---------- ここからはネタバレありです。 篠崎が結城稔の代わりに歌詞を書いているというのは、萌絵と最初に話していたときにピンと来ました。で、篠崎が犯人かなと何となく思ってしまいましたが、あからさますぎるので、途中からはやっぱり違うのかなと。結城稔は違うと思ったので(根拠なし)、となると杉東千佳か結城寛かと思ったのですが、そう思っているうちに杉東千佳が死んでしまいまして、じゃあ結城寛かなぁと。最後の密室の入れ替わりはだいたい見当がついたのですが、第 1の殺人とそれ以降の犯人が別人だということは思いませんでしたねぇ。 動機は全然わかりませんでした。わかりようもないと思いましたけど。まず杉東千佳が最初の殺人の犯人であるということがわからないと、結城寛の動機も思いつきませんからね。そのまえに杉東さんが前川聡美を殺した動機というのがわかりません。嫌いなタイプで口論するくらいならわかりますが、殺してしまうほどの何があったというのだろう。以前から面識があったわけでもないのですよね。絶対に触れられたくない何かを言われて...
URL 2008/11/14(Fri)19:42:55
詩的私的ジャック
詩的私的ジャック 森 博嗣 大学施設で女子大生が連続して殺された。 現場は密室状態で死体には文字状の傷が残されていた。 捜査線上に浮かんだのはロック歌手の結城稔。 被害者と面識があった上、事件と彼の歌詞が似ていたのだ。 N大学工学部助教授・犀川創平とお嬢様学生・西之園萌絵が、 明敏な知性を駆使して事件の構造を解体する! あーあ、読み終わるのにスゴイ時間がかかってしまった。 そのわりに、トリックとか何一つわからなかったんだなー(ショック) まぁ…犯人は勘であたったけどサ(おいッ) 第1の殺人の部分は、そこまでわからなかったや。 椅子取りゲームの5人目も、まぁ薄々勘付いてたんだけどなー。 詰めが甘かったかな。チョット反省。 犀川先生の「英語で言える?」ってので、アレはハッハァ~ン。ってわかったけど。 そういうの、敏感ですよ?(ぇ) ってかもぉ萌絵ちゃん最高! 大人になったって言われてたけど、まだまだ子供だなぁ(お前が言うな) 萌絵ちゃんと犀川先生のある一部のやり取りが、気に入った。↓  萌絵は犀川に近づく。二人は、数字の11よりも接近した。 「目を瞑って…」 「どうして?」 「君が大人になったってことを、認めようと思ってさ」 「先生…」萌絵はうっとりとした顔になる。 「いいから、目を瞑ってごらん。良いものをあげるから」 「わあ、凄い!どきどきしちゃうわ」  彼女は素直に目を瞑って、少し上を向いた。 (文庫版「詩的私的ジャック」 P362 3行目~10行目より抜粋) ドキドキしたさ!あぁ、したさ!(逆ギレ!?) 結局、萌絵ちゃんは犀川先生から… タバコを貰った …ってだけなんスけどねッ!(あぁ~ぁ、ドキドキして損した) 国枝先生の 「私なら、行くよ」 ってセリフにも、うわぁ...
URL 2008/11/14(Fri)20:12:56
「詩的私的ジャック」森博嗣
詩的私的ジャック (講談社文庫) 森 博嗣 JUGEMテーマ:読書 那古野市内にあるS女子大のログハウスで女子大生の死体が発見された。現場は密室状態、死体は全裸で腹部に「I」の字のような刃物で付けられた傷跡があった。数ヵ月後、T大で同じように密室内で全裸の死体が発見された。今度は腹部に「Z」のような傷跡が。二人の女子大生はどちらも、N大8年目で自主退学をすることになっている歌手の結城稔のファンだった。そして結城稔が新しく出したアルバムの1曲の詩がと二人死とがリンクしていた。結城稔を尾行する警察。そして新たな被害者が… シリーズ4作目。萌絵は3年生になり、留年する人は必ず落としているという製図の課題に四苦八苦してます。時は5月の文化祭時期。大学に在学しながらも8年目と言うことで自主退学を勧告されているロック歌手・結城稔が文化祭でコンサートを開きます。 結城稔の兄・寛はN大理学部の大学院生でミステリィ研のOB。妻の杉東千佳はS女子大で助手をしていて、最初の殺人事件の第一発見者。結城稔の親友でマネージャー・篠崎敏治もミステリィ研のOB。萌絵とはミステリィ研で知り合い。結城稔の担任が犀川先生だったことから、犀川先生は一度だけ会い、自主退学を勧めた。犀川先生は4月からS女子大に非常勤講師として週に一度教えに行く事になっていて、授業のあとには杉東の部屋でコーヒーを貰いたわいない話をして帰ってきていた。 事件を調べているのは三浦警部。萌絵が西之園本部長の姪で、犀川といくつかの事件を解決しているのをなんとなく快く思っていない様子の三浦警部ですが、最後にはしっかりと犀川先生のお世話になっているのがおかしかったです。
URL 2008/11/14(Fri)20:47:46
森博嗣『詩的私的ジャック』
一気に読んでしまったS&Mシリーズの4作目です。 やはり密室ですね。もはやこのシリーズに密室は欠かせないのでしょうか。 それにしても、N大周辺。事件起きすぎですよね(^^; さて密室とは書きましたが、これは通常のミステリで言う密室とは言えません。 通常のミステリの場合、「どうやって」密室にしたのかというのが謎解きの中心になり、 「なぜ」密室にしたのかが、その過程で問題になってくるわけです。 そうして、この「なぜ」が弱い場合は、作品の批評の対象になるわけですが・・・ この作品においては、「どうやって」を考えることは、あまり意味がありません。 そして、「なぜ」すら非常に特殊な動機に裏打ちされているので、 謎を解きたいミステリファンには、ちょっと不親切かも。 もっとも、森氏はそんなことを気にして創作しているのではないのでしょう。 犀川は、今回はいよいよ安楽椅子探偵になっていますね。 彼は捜査をしませんから、ただ聞いて、考えるだけです。 「この世には不思議なことなど何一つ無いのだよ、西之園君」とでも言いそうなくらい(笑) 彼の論理の中には「密室殺人」は存在しません。 (言われてみれば当たり前ですが、それは幻想でしかないんですよね) 犯人が捕まれば分かると考えるから、彼は「どうやって」を気にしないのでしょうね。 さらに、犀川の中には結論しかないのです。 途中の式は割愛される。周囲の刑事やなんかは分からないから「?」です。 読者の視点は、完璧にこの刑事側についちゃいますよね(^^; そして、事件は例によって犀川の「講義」で締めくくられるのですが、 この場合も犯罪や犯人に対する感情は、彼にはあまりない。 語られない気持ちを「理解」することはできないと、彼は思っているから。 だから、恣意的に「気持ち」を想像し、評価することを避けているのですね、きっと。 本当に、今までのミステ...
URL 2008/11/15(Sat)12:27:33
詩的私的ジャック
森博嗣、講談社ノヴェルズS&Mシリーズ4作目。読みこぼしていたので、だいぶ前に99円で買っていた。密室は○つ、死人は○人。そこそこ数が多いのと、キャラクターが面白いのでスイスイ読む。ただしノヴェルズ版の323ページには「いずれのトリックも~面白みのない~的...
URL 2008/11/16(Sun)06:20:41
詩的私的ジャック:森博嗣
大学施設で女子大生が連続して殺された。現場は密室状態で死体には文字状の傷が残されていた。捜査線上に浮かんだのはロック歌手の結城稔。被害者と面識があった上、事件と彼の歌詞が似ていたのだ。N大学工学部助教授・犀川創平とお嬢様学生・西之園萌絵が、明敏な知性を...
URL 2008/11/16(Sun)21:39:07
「詩的私的ジャック」 森博嗣
詩的私的ジャック (講談社文庫)森 博嗣講談社 1999-11売り上げランキング 内容説明 那古野市の大学施設での女子大生連続殺人。すべて密室内で、しかも被害者の肌には意味不明の傷痕が。捜査線上に上がったのは一人の男子学生。彼の作る歌詞と事件との奇妙な類似。女子大生・萌絵が謎に挑戦。
URL 2008/11/17(Mon)23:13:51
「詩的私的ジャック」 森博嗣
S&Mシリーズの「詩的私的ジャック」を読みました。 どうにもやっぱりないようにちょっと触れてしまいますので読んでいない方はご注意を。 このシリーズ、トリックもさることながら、気になるのはやっぱり犀川先生と萌ちゃん。毎度暴走しがちな萌ちゃんですが、今回は事件に対して、よりも、犀川先生絡みの暴走が多くて、どうなるのよどうなるのよ!とこの先が気になっている次第です。 今回はちょっと危険な香りのする、犀川も認める(?)頭脳明晰な篠崎さんがなかなかインパクトが強かったです。悪そうなイメージと、最後の仰天告白。あまり台詞のたくさんあるキャラではなかったけれど、結構重要な人物でした。 ...
URL 2008/11/20(Thu)23:27:56
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]