忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[475] [474] [473] [472] [471] [470] [469] [468] [467] [466] [465]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★

著者:  川原泉
出版社: 白泉社


 ・レナード現象には理由がある
 ・ドングリにもほどがある
 ・あの子の背中に羽がある
 ・真面目な人には裏がある
という互いに関連のある、短編の集められたものです。

  『レナード現象には理由がある(レナードげんしょうにはわけがある)』は、レナード効果というのを起こしてしまう、蕨よもぎが主人公。超がつくほどの進学校らしい彰英高校に、なぜか入学してしまった蕨よもぎ。彼女は、テストで凄い点数をとる隣の席の飛島穂高のことを気になり始め・・・

  「川原泉が、以前とはがらりと違う絵柄になった」と言われても、僕は以前の川原泉の作品を読んだことは無いので、よくは分からないのですが。すっとする軽い感じの短編ばかりで、面白かったです。絵柄はやわらかいし。中身もやわらかくて、萩尾望都みたいな感じじゃないし。なんというかなんとなく読む、ような感じです。

  それにしても、自由の森学園とは全く異なる世界だなぁ・・・ 登場人物の学生達が制服着ているという時点で、う~んなんか自森とは違う、ということになるけど。偏差値とか、超進学校とか、そういう言葉がでてくると、もう別次元みたいな感じです。


自森人読書 レナード現象には理由がある
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
カーラ教授ですね。この方の「甲子園の空に笑え」にぶっとんだ記憶があります。男性の視点では絶対描けない野球漫画でした。SFであり、数少ない長編でもある「ブレーメン2」もお勧めですね。ほにゃらと楽しめます。
ヌマンタ URL 2009/02/21(Sat) 編集
無題
「甲子園の空に笑え」、「ブレーメン2」ですか。こんどぜひ読んでみたいです。でもマンガってなかなか手に入らないんだよなぁ・・・
 【2009/02/22】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]