忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1246] [1245] [1244] [1243] [1242] [1241] [1240] [1239] [1238] [1237] [1236]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『凍える森』
1922年にドイツ・バイエルン地方の片田舎で一家が惨殺されました。警察は必死で捜査したものの犯人は分からないまま。そして、事件は迷宮入りになってしまいました。著者シェンケルは、第二次大戦後に時代をうつし、その事件を様々な角度から見ていきます。探偵は登場しません。様々な関係者が自分の見たままを語るだけです。そして、様々な謎が掘り起こされていきます。なぜ事件は起こってしまったのか。殺された一家はどのような家庭を築いていたのか。犯人はいったい誰なのか・・・?

ドイツのミステリ。

曖昧にはなっていますが、犯人の側からも事態が記述されているため、叙述ミステリのようです。

基本的に、意外性はないし、どっきりさせられることもありませんが、とにかく陰鬱です。風景も登場人物も物語自体も。

いろんな人に取材していくうちに、事件の構造が明らかになってくるところは、宮部みゆき『理由』に似ていますが、『理由』ほど壮大ではありません。『凍える森』で扱われている事件が、案外単純なものだからなのか。少し肩透かしをくらったように感じます。

しかし、事件をみていくことで社会のゆがみのようなものが明らかになってくるところは共通しています。殺された一家の中には、強権的で抑圧的な家長がいたと分かります。彼の行いには疑問を覚えます。

ドイツ・ミステリー大賞受賞作。シェンケルのデビュー作。


読んだ本
アンドレア・M・シェンケル『凍える森』

読んでいる最中
森見登美彦『宵山万華鏡』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]