忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1244] [1243] [1242] [1241] [1240] [1239] [1238] [1237] [1236] [1235] [1234]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どちらも自由の森学園卒業生の本。

『末代まで!』
『末代まで!』は、第12回学園小説大賞〈大賞〉受賞作。物語の舞台は、自由の森学園みたいな学校。主人公は、《幽霊部員》が見えてしまったために末代まで祟られるハメになった俺。ライトノベル。

面白いのだけど、これ以上に発展していくことはないだろうなぁと感じられます。小気味良いラノベで終わってしまうというか。型にはまらないと読まれないけど、型にはまると難しいのか・・・

『セカイ系とは何か ポスト・エヴァのオタク史』
『セカイ系とは何か ポスト・エヴァのオタク史』は新書。

オタク文化やセカイ系のことが分かりやすくまとめられています。丁寧に整理されているので、非常に面白いです。「セカイ系」という言葉は煽る人がいたから、これまで拡大してきたのだということがよく分かります(宇野常寛とか)。岡田斗司夫『オタクはすでに死んでいる』、東浩紀『動物化するポストモダン』、宇野常寛『ゼロ年代の想像力』とか、重要な本は書名まであげられているところもいいです。

前島賢はオタクを自称します。さすがというしかない。


読んだ本
猫砂一平『末代まで!』
前島賢『セカイ系とは何か ポスト・エヴァのオタク史』


読んでいる最中
森見登美彦『宵山万華鏡』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]