忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1243] [1242] [1241] [1240] [1239] [1238] [1237] [1236] [1235] [1234] [1233]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『ガラスの動物園』
トムは、セントルイスでの日々を追憶しています・・・ ときは1930年代。一家は世界大恐慌に苦しめられていました。若きトムは詩をつくりたいと望みつつもそれを果たせず、倉庫に勤めて給料を稼いでいます。そして、そのおかげで一家はなんとか裏町の寂れたアパートに住むことができています。トムの母親アマンダは、内気な姉ローラのために青年を見つけて来いとトムに告げますが・・・

戯曲。テネシー・ウィリアムズの出世作。

母アマンダは子供たちの幸せをただ願っているだけなのに、それが故に現実を許容できません。そして愛で子供たちを押し潰してしまいます。姉ローラは今にも壊れかねないガラス細工のように繊細。恥ずかしがってしまい、他人と会話することがほとんどできません。弟トムは夢を果たせず、落ちぶれています。そして、父親はでていったきり帰ってきません。

成功から取り残された人たちの物語のようです。

トム一家にハッピーエンドは訪れません。非常に悲しいです。その悲しみはありふれたものなのかも知れませんが、だからこそ伝わってきます。

トムの語りは少しわざとらしいです。しかし、全てがトムの追憶/動かしようのない苦い思い出ということになっているおかげで、そこに奇妙なせつなさが生まれます。

小田島雄志訳。


読んだ本
テネシー・ウィリアムズ『ガラスの動物園』

読んでいる最中
森見登美彦『宵山万華鏡』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]