忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1245] [1244] [1243] [1242] [1241] [1240] [1239] [1238] [1237] [1236] [1235]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


高村薫の本を読まねば、と感じます。

冒頭では、高村薫作品を好きと公言している太田光がその魅力を語っています。

高村薫と竹内洋の対談が非常に面白いです。教養主義というものが崩壊して、あとには何が残るのか。というか、これからどうしていけば良いのか考えさせられます。やっぱり、つめこみではない教養というものは必要なのかなぁとは感じますが、いったいそれは何なのかよく分からないです。


読んだ本
別冊宝島『高村薫の本』

読んでいる最中
森見登美彦『宵山万華鏡』
アンドレア・M・シェンケル『凍える森』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]