忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1338] [1337] [1336] [1335] [1334] [1333] [1332] [1331] [1330] [1329] [1328]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★

著者:  志水辰夫
出版社: 新潮社

  主人公は、かつて教え子に手を出して学校から追放された元教師・波多野和郎。彼は、現在では塾の講師をしていたのですが、教え子が失踪したため、再び東京へ戻り、教え子を探し出そうとします。しかし、彼には致命的な過去があったため捜査ははかどりません。そんな中、現在の事件と過去の事件が絡み合い、意外な展開を見せ・・・

  いまいち主人公に共感できなかったです。やっぱりハードボイルドは合わないなぁ。なんというか、自分勝手な痩せ我慢はする癖に結局ハッピーになって希望のもの(例えば、女)を手に入れる主人公があんまり好きになれないです。男のための「願望小説」と言われてもしょうがない。

  とくに『行きずりの街』はその色が濃いです。「高校の教員が生徒を自分の色に染めて自分のものにするが、結局破綻。けれど再びよりを戻す」という物語なので。そういう筋書きにするために、あまりにも都合よく物語が展開していくので、そこが笑えます。そこを、上手な広げ方と捉えるか、都合良すぎると捉えるかで、物語への評価は大きく変わるだろうなぁ・・・

  バブル真っ盛りの東京の風景を描写している部分は、読んでいて非常に面白かったです。今ではもっと荒廃している、のだろうか。それともそれなりに何かができつつあるのか。それにしても「東京」という都市は面白いなぁと感じます。色んな小説家を強く惹きつけるようです。

  あとは、新たな学校を設立する時にはとにかく金を集めて、横流しして、それで権力を持つ人を後ろ盾にしないといけない、という記述には溜息をつきたくなりました。自由の森学園はそういうルートを取らなかったから、大変なのだろうなぁ。

  ぎちりとした緻密な文章は読みやすくはないけど、良いです。


自森人読書 行きずりの街
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
志水辰夫『行きずりの街』
行きずりの街 (新潮文庫)志水 辰夫新潮社このアイテムの詳細を見る 今回は、志水辰夫『行きずりの街』を紹介します。主人公の波多野は元教え子の広瀬ゆかりが失踪したということで、東京にやってきて元教え子を探すのである。その失踪事件には波多野の元教え子との恋愛スキャンダル失職した学園が絡んでいるという。失職したきっかけとなった元教え子の雅子は、その後結婚して離婚することになり、捜査の途中でまた出会うことになる。 帯の1991年「このミステリーがすごい!」一位という記載で購入したのだが、ミステリーとして読んで...
URL 2010/05/01(Sat)20:31:31
遭 〜「行きずりの街」〜
「行きずりの街」(著:志水辰夫)を読んだ。 第9回日本冒険小説協会大賞受賞作品。 女生徒との恋愛がスキャンダルとなり、都内の名門校を追放された元教師。 退職後、郷里で塾講師をしていた彼は、 失踪した教え子を捜しに、再び東京へ足を踏み入れたのだが・・。 感想。 ?学校を卒業しても、大人の女性になっても、「女子」扱いか。(腐っても教師) ?プールの水が抜かれていても、1.5m下に突き落とされるのはイタイ。 ?著者を指す“シミタツ”という愛称、「しみったれたツラ」の略かと思った。(最悪) ...
URL 2010/05/11(Tue)22:31:42
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]