忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1333] [1332] [1331] [1330] [1329] [1328] [1327] [1326] [1325] [1324] [1323]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 遠山啓(1909~1979)は数学者であるが、教育者としても知られる。戦前、霞ヶ浦海軍基地の航空隊の教官を勤めながら、整数論と代数関数論の研究をしていた。戦後、数学教育協議会に関わり、小中学校教育の改善に取り組む。「水道方式」が有名。暗算を重視する日本の数学教育を批判し、大きな影響を与えた。

 たとえば、思想家・吉本隆明は優れた教育者として、遠山啓の名を挙げている。

 教育雑誌『ひと』を創刊したのも遠山啓である。
 教育の自由を論じ、序列主義、競争原理を批判した。ひとりひとりのために教育はあるのだと力説した。それが、自由の森学園の教育のルーツにもなっている。

 主著は『数学入門』『競争原理を超えて』など。
 遠山啓の本は面白い。特徴的なのは、平易な文体と、わかりやすい論理である。しかし、内容が簡単というわけではない。ヨーロッパで発展してきた数学の歴史をわかりやすく切り取り、紹介しているものもある。博学。
 数学だけを論じているわけではなく、教育や、生き方を扱っていることも多いため、哲学のようである。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]