忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1336] [1335] [1334] [1333] [1332] [1331] [1330] [1329] [1328] [1327] [1326]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★★★

著者:  桜庭一樹
出版社: 東京創元社

  鳥取県紅緑村の旧家、赤朽葉家を描いた大河小説。三部構成。

  第一部は瞳子の祖母・万葉が主人公。彼女は、山の子として生まれながら普通の若夫婦に拾われて育てられます。その後、旧家・赤朽葉家に嫁入りして、「千里眼奥様」と呼ばれるようになります。第二部は瞳子の母・毛毬が主人公。万葉・曜司の間に生まれた長女。暴れん坊で美人。レディース(暴力団)の頭として中国地方を駆け巡るのですが・・・ 第三部は瞳子自身が主人公。彼女は何事にもやる気を見出せないフリーター。祖母・万葉の衝撃的な告白を受けて、動揺するのですが真実を探し当てようとします・・・

  文章が結構読みづらくて疲れたけど、非常に面白かったです。これまで読んできた桜庭一樹作品の中では一番良かったかも知れない。こういう大河小説が好きなので、堪らなかったです。欠点もあっただろうけど、それほど気になりませんでした。桜庭一樹の最高傑作なのではないか。

  桜庭一樹は、よく「時代がどうのこうの」と問います。これまでの作品ではそれがいまいちしっくり来なかったのですが、この大河小説『赤朽葉家の伝説』にはマッチしていました。あまりにも通俗的かつありきたりな解釈でまとめてしまうので、(大学紛争を繰り広げたのは澱んだ目をした哀しい学生達とか、最近の若者は何事にもやる気を見出せない、とか)もう少し捻れないのか、とも思ったけど、そこは本筋ではないから別にどうでも良いか。

  赤朽葉タツのネーミングセンスが最高です。泪(なみだ)、毛毬(けまり)、鞄(かばん)、孤独(こどく)って、孫達に名付けるなんて凄すぎる・・・

  そして、毛毬の大活躍はおかしいです。

  第60回日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門受賞作。2008年第5回本屋大賞ノミネート作(7位)。直木賞候補作。


自森人読書 赤朽葉家の伝説
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「赤朽葉家の伝説」(桜庭一樹)
{{{     赤朽葉家の伝説          桜庭一樹   東京創元社    }}} [http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2592077&pid=878504931&vc_url=http%3A%2F%2Fwww.bk1.jp%2FkeywordSearchResult%2F%3Fkeyword%3D%E8%B5%A4%E6%9C%BD%E8%91%89%E5%AE%B6%E3%81%AE%E4%BC%9D%...
URL 2010/04/29(Thu)16:27:06
(書評)赤朽葉家の伝説
著者:桜庭一樹 赤朽葉家の伝説(2006/12/28)桜庭 一樹商品詳細を見る 山陰の紅緑村。たたら製鉄によって財を成した赤朽葉家を頂点としたこの...
URL 2010/04/29(Thu)16:36:07
本「赤朽葉家の伝説」
赤朽葉家の伝説 桜庭一樹  東京創元社 2006年12月 辺境の人に置き去りにされた万葉は、村の若夫婦に育てられるが、製鉄業で財を得た赤朽葉家の嫁となる。万葉には、未来のことが見える千里眼の能力があった・・・・・・・ 現代史と共に、赤朽葉家の3代を描い
URL 2010/04/29(Thu)22:18:54
「赤朽葉家の伝説」桜庭一樹
赤朽葉家の伝説 こういう大河小説というか、女の一代記は(これは三代記ですけど)もともと好きなんですが、これもおもしろかったです。有吉佐和子さんの「紀ノ川」をもっと現代に引き寄せて、神秘的でオカルティックなものを加えて、ミステリも加えて、・・と、盛りだく....
URL 2010/04/30(Fri)21:23:41
赤朽葉家の伝説
桜庭一樹著「赤朽葉家の伝説」をとうとう読了しました〜!第60回日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門受賞。第28回吉川英治文学新人賞、第137回直木三十五賞、センス・オブ・ジェンダー賞、本屋大賞候補となったそうです。 桜庭一樹さんの作品を読むのは2作目なんですが、前回読んだ「少女には似合わない職業」は内容はシビアながらも、わりとサクサクと読めるライトノベル風の作品だったんですが、この作品は、ずっしりと重く長い大河小説の趣で、全然イメージが違ってたので、ビックリしてしまいました。 この作品は、山陰地方...
URL 2010/05/02(Sun)00:50:10
本『赤朽葉家の伝説』桜庭一樹
やっと読むことができました!面白いのだけれど、結構時間がかかった・・ 「鳥取の旧家、赤朽葉家に嫁いだ千里眼の祖母万葉と、その娘と孫の三世代の女性の生き様、生涯を描く」 2007年『このミステリーがすごい』の2位とのことで、ものすごい期待をして、どんな
URL 2010/05/06(Thu)18:29:26
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]