忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1334] [1333] [1332] [1331] [1330] [1329] [1328] [1327] [1326] [1325] [1324]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★

著者:  さくらももこ
出版社: 講談社

  さくらももこのエッセイ。なんというか笑えます。とくにヒロシが。

  僕は、『ちびまる子ちゃん』は読んだことも見たこともほとんどないし、別に好きでもありません。でも原作者のさくらももこという人は面白い人だなぁと感じました。息子に自分がさくらももこであることを隠すためにビデオまで作ってしまったり、「家族の前でおならをしますか」と聞いてまわったり。元気が凄いなぁと感心します。

  「さくらももこはお金持ちになってから傲慢になり、サービス精神が失われた。それが鼻につく」という感想を書いている人も多いのですが、僕は楽しめました。全体に漂う滑稽な雰囲気の中では、その「無意識の金持ち意識」も笑いを誘う一要素として機能しているのではないか、と思います。

  ヒロシのコイが死亡していくのを放っておくのは、どうかと思ったけど。

  延々とどうでもいいようなことが書いてあって、本当にもうどうでもいいと言いたくなるけど、それでもそれなりに読まされます。同じことを繰り返す文章が、いい雰囲気を醸し出しています。かなり考えて文章をつくっているのだろうなぁ、と思います。

  けっこう薄いし、文字は大きいのでさくっと読めてしまうのですが、なかなか良いです。


自森人読書 さくらえび
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]