忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[1238] [1237] [1236] [1235] [1234] [1233] [1232] [1231] [1230] [1229] [1228]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★★

著者:  山口雅也
出版社: 講談社

  短編集。

  A面。『密室症候群』。説明が難しい。ひっくり返ってひっくり返ってを繰り返します。『禍なるかな、いま笑う死者よ』笑ったまま死んでいた2人の男。いったい彼らに何があったのか。『いいニュース、悪いニュース』息子のデイビットがデートしたために退学になるかも、と知った母。なんと息子の相手が中年男だと聞いてさらに混乱・・・ 『音のかたち』音を巡る物語。なんと、歴史上有名なあの人が登場。『解決ドミノ倒し』ドミノ倒しのように延々と答えの出されない堂々巡り・・・

  B面。『「あなたが目撃者です」』「あなたが目撃者です」という番組で、レッド・リヴァー連続殺人のことが詳しく解説されていました。それを見ていたある家庭では、妻が夫をを疑い始めます。『「私が犯人だ」』夢見る文学者、グッドマン教師は、教え子で娼婦のレノラとともに逃避行へ出て、しかしレノラに拒否されて殺してしまうのですが・・・ 『蒐集の鬼』SP盤を愛し、それをコレクションするマッケリー。彼は幻のエレイン・レイニーのSP盤を探し回るのですが・・・ 『《世界劇場》の鼓動』。完全版にのみ収録されている作品。音楽と、世界の破滅を描いた短編。ミステリっぽくない作品。『不在のお茶会』3人の人間が奇怪な状況に放り出される。それぞれ精神科医、作家、植物学者。彼らは自らの状況を分析していき・・・

  盛りだくさん。読み終わるととけっこう疲れます。1つひとつどれもが凝っているんだけど、玉石混淆です。面白いのもつまらないのも混じっています。僕は、『禍なるかな、いま笑う死者よ』、『解決ドミノ倒し』あたりが面白いなぁ、と思いました。

  山口雅也はあとがきの中で、「狂気」と「逸脱」がテーマと書いています。確かにミステリから逸脱したものも多い・・・


自森人読書 ミステリーズ 完全版
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]