忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[511] [510] [509] [508] [507] [506] [505] [504] [503] [501] [500]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★

著者:  都筑卓司
出版社: 講談社

  タイムマシンとは何か。タイムマシンが存在すると生まれてしまう矛盾(パラドックス)はどうしたら解決できるのか。どうしたら、タイムマシンを実現可能なのか? 未来・過去を行き来する、タイムマシンについて考える、ブルーバックスの本。

  読んでいるとだんだんだんだん難しくなっていきます。説明されても分からないよ、という感じの部分もありました。しかも目新しいことは何もありません。もっと楽しい、タイムマシンのことを書いてある入門書、みたいなのが他にあったような気がします。そちらを先に読むほうがいい気がするなぁ。あとは、SF作品のタイムマシンものを読むのもいいと思います。どうもつじつまが合わない困った作品というのもありますが、凝っているSF小説はしっかりと考えられています。タイムマシンに興味があるならば、そういうのも楽しいかも知れません。

  で、タイムマシンというのは要は光の速さ(光速)よりもより速い物質によってなされるもの、というのが結論のようです。光速を超えられる物質というのはいまのところ存在が確認されていないし、相対性理論的にも光速を超える物質が存在するとなると、つじつまが合わないみたいですが。でも、相対性理論も完璧じゃないから、もしかしたらタイムマシンもありうるかも、というのがこの本に書いてあることです。

  タイムマシンがあったら面白いだろうなぁ・・・ 過去に干渉すると生まれてしまうパラドックスとかってどうなるんだろうか、とか考えるのは楽しいです。


自森人読書 タイムマシンの話―超光速粒子とメタ相対論
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]