忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[507] [506] [505] [504] [503] [501] [500] [502] [499] [498] [497]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『花輪の海』は、農協に勤めていたのに色々あって辞めざるを得ず、今は桃を育てている男が主人公。
彼には、いつも後悔していることがあります。友が死んだのに、その横でそれを嬉しいと感じてしまったことがあったのです・・・

大学生の頃、甘言にのせられて「空手部」に入部。そして、激しい暴行を受けることになりました。地獄の苦しみです。
とくの厳しかったのは、合宿。昼夜を問わない練習を何日間も強いられました・・・ そんな合宿の中で、OBの人たちに、深夜海に浸かりながら「千本突き」をやることを強要されます。そしてその結果友達が溺死してしまいます。そのとき彼は、友が死んだのに、合宿がこれで終わる、と思って激しい喜びを感じてしまったのです・・・・・

いやー、ほんとに壮絶です。ひどいなぁ・・・

『他人の家』は、昔強盗をしてその結果として人を殺してしまった男が主人公。
彼は、罪を償って出所します。しかし、世間はとても冷たい。彼が、かつて犯罪を犯した、と知れた途端、住むところからも追い出されてしまいます。
そんな中、鈴木さんという老人と出会います。
鈴木さんは、彼をとても厚遇してくれるのですが・・・


横山秀夫はなかなか面白いです。暗い話が多いけど、いろんなことを考えさせられます。

ただし、解説・吉野仁が、横山秀夫という作家を評して、「松本清張賞を受賞したばかりか、すでに松本清張に迫る任期と実力をそなえているといえよう」と書いているけど、それは過大評価だなぁ。

松本清張は、日本における推理小説分野の開拓者みたいなものです。横山秀夫じゃ、松本清張には全然かなわないだろう・・・ 月とすっぽんとは言わないけど、存在の巨大さが違う。


今日読んだ作品
横山秀夫『花輪の海』
横山秀夫『他人の家』


今読んでいる作品
ゴーゴリ『鼻』
角田光代『空中庭園』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]