忍者ブログ
自森人-自由の森学園の人-の読書ブログ
[504] [503] [501] [500] [502] [499] [498] [497] [495] [496] [494]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は、横山秀夫の短編集を読みました(まだ読みかけ)。
『真相』

『真相』の主人公は、かつて息子を殺された税理士。
10年たってから、彼のもとに犯人を逮捕したと警察から連絡がきます。「万引きをしていたから脅した」と犯人が述べていると知って、税理士の男は怒り狂います。良い子だと思っていた我が子がそんなことはするはずがない、と彼は考えたのです。しかし・・・

犯人が捕まったことから、次々と明らかになる事実。緻密に積み上げられていきます。読んでいておー、凄いと思わされました。

『18番ホール』は、県庁の職を辞し、村長選に出馬した男が主人公。
彼は、巨大な力を握る前村長に見込まれて村中の実力者をほとんど味方につけます。そして「絶対に勝てる選挙」に乗り出します・・・
実は、彼にとってこの選挙は、決して負けられない選挙でした。ゴルフ場建設予定地の18番ホールのあたりに、かつて誤って車で轢いてしまった女の死体を埋めたのです。彼は、村長になってその予定地を別のところにずらそうとしています。
しかし、彼は殺人の発覚を恐れて誰も信用できなってしまい・・・

圧巻です。誰も信用できなくなっていく主人公の姿が哀れ、というか。壮絶です。短編集の中で1番面白いかもしれない。

『不眠』は、車会社をリストラされ、睡眠薬開発の実験を引き受けた男が主人公。彼は実験の結果、不眠症になってしまい、どんどんやつれていきます。そんなある日の朝方、昔自分が勤めていた会社を見に散歩にでかけますが。
それが災いします。なんと、近くで殺人事件が起き、男は犯人ではないか、と疑われてしまったのです。男は必死で言い逃れしようとして、とっさに思い出したことを言うのですが・・・


今日読んだ作品
横山秀夫『真相』
横山秀夫『18番ホール』
横山秀夫『不眠』


今読んでいる作品
横山秀夫『花輪の海』
横山秀夫『他人の家』
ゴーゴリ『外套』
ゴーゴリ『鼻』
角田光代『空中庭園』
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ウェブサイトhttp://jimoren.my.coocan.jp/
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/03 かおり]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © いろいろメモ(旧・自由の森学園図書館の本棚) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]